東芝が血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発

東芝が血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発

株式会社東芝が「血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発」との記事が発表されました。

東芝の発表によると

当社は、血液中のマイクロRNAを使った簡便で高精度ながん検出技術を開発しました。当社独自の電気化学的なマイクロRNA検出技術を活用することで、すい臓がん、乳がんなど13種類のがんの患者と健常者を2時間以内に99%の精度で網羅的に識別できることを研究開発レベルで確認しました。本成果は、当社と東京医科大学および国立研究開発法人国立がん研究センター研究所の共同研究によるものです。当社は今後、早期の社会実装に向けて、2020年から実証試験を進めてまいります。

との事です。

 

・マイクロRNA検出技術とは?

 https://www.jmac.or.jp/jwp/pdf/members/sympo/jmacsympo6/3-2_hashimoto_hp.pdf

 

「東京医科大学」・「国立がん研究センター」による医療チームと先端技術を要する「TOSHIBA」のコラボレーション。今後の研究成果によっては世界を変えるかもしれませんね!

 

株式会社東芝<ニュースリリース>
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発-独自のマイクロRNA検出技術を使った健康診断などの血液検査により、生存率の高いステージ0からがん罹患の有無を識別-