医学部情報発信サイトについて

医学部受験の対策は、共通テストの開始や出題傾向の変化、入試形態の多様化などにより複雑になってきました。

そのため受験生の皆さんは、医学部受験に対しての悩みや不安が多くひとりで自信をもって勉強を続けていくことは難しくなってきています。

 

このサイトはPMD医学部専門予備校が運営しており、現役生・浪人生に向けて医学部受験に関する役立つ情報を日々発信する医学部受験専門メディアです。

 

講師がまとめた医学部受験に必要な各大学の各科目についての入試問題の傾向と対策、過去問の解説、専門家がまとめた医療ニュースのコラムなどを発信しています。

 

このサイトに掲載されている記事を読むことで、志望校のリサーチ、日々の勉強の悩みなどが解消されます。

さらに医療ニュースコラムから現在の医療に関する知識を得ることで、受験の面接対策、医学部受験生としての教養を身に着けることができます。

 

医学部情報発信サイトについて

 

医師を目指すということは、とても大変なことです。医学部に見事合格したとしても、大学で6年間勉強して国家資格を取得しなければなりません。研修期間を終了して就職した後には、患者さんの命を預かるお仕事になります。

 

時には本当に医師になりたいのか、自分は医学部に進学することを望んでいるのかを見つめ直すきっかけになりその動機にも触れることができるような記事をお届けします。

 

医学部受験専門予備校ならではの視点から蓄積された経験や知識をお伝えすることで、志望校合格を最大限お手伝いします。

 

PMD医学部専門予備校のご紹介

PMD医学部専門予備校は、福岡市にある医学部受験に特化した予備校です。

福岡市中央区にありながら自然豊かな舞鶴公園や大濠公園近くに位置し、現役生・浪人生を問わず、集中して目標に向かい勉強できる環境が整っています。

 

PMD医学部専門予備校のご紹介

 

最も大きな特徴は優れた講師陣です。毎年40~50回の過去問などの演習を「自ら解いて」解説するので教務力がつきます。

また指導方針として「少人数のゼミ形式の授業」と「勉強のリズム作り」を掲げています。

受験勉強では挫折しやすい2つのポイントがあります。それは授業中に授業内容が理解できないこと、もう一つは勉強を習慣化できないことです。

 

PMD医学部専門予備校では、生徒と講師がお互いに話し合って授業を進めていくことで、生徒の理解度を確認しながら授業を進めていきます。

さらに朝起きてから夜寝るまでの1日のリズムを作りあげることで、自然と無理なく勉強をする習慣を身に付けることが可能です。

一人ひとりに合わせた最善のシステムと環境を備えてた中で、親身に指導する講師たちと医学部合格を目指します。

新着記事

【2020年度】熊本大学医学部(生物)を福井慎吾先生が解説です。

PMD医学部専門予備校で教鞭をとられている福井先生が、【2020年度】熊本大学医学部(生物)を解説です。 熊本大学入試の参考に、ぜひご覧ください。   ※福井先生の授業を『オンライン』で受講希望の方は、こちらからどうぞ ●i-med医学部オンライン予備校 https://igakubu-yobikou.jp/   【2020年度 熊本大学医学部(生物)を福井慎吾先生】

【2020年度】川崎医科大学医学部(数学)を原田遼平先生が解説です。

PMD医学部専門予備校(福岡校)で教鞭をとられている原田遼平先生が、2020年川崎医科大学医学部の「数学」を解説。 川崎医科大学医学部受験予定の方は、ぜひご覧くださいね。   【2020年度 川崎医科大学医学部(数学)を原田遼平先生】  

【福岡大学医学部「英語」(2020年)】をPMD福岡校の英語講師、ドゥメニス 愛子先生が解説です。

PMD医学部専門予備校(福岡校)で教鞭をとられているドゥメニス 愛子先生が、2020年福岡大学の「英語」を解説。 福岡大学受験予定の方は、ぜひご覧くださいね。   【福岡大学英語の解説(ドゥメニス 愛子先生)】  

海外医学部について~東欧の医学部紹介

近年日本の医学部受験はますます激化しており、医学部に合格するのは非常に狭き門となりました。 それにともない、どうしても医師になりたいという受験生が学びの場を日本国内ではなく、海外に求める例も出てきました。 日本には、医師国家試験予備試験という制度があります。 日本の医学部を卒業していなくても、国家試験の受験資格が与えられる制度なのですが、つまり海外の大学で学んでも、この制度を利用すれば、日本で医師 […]

2022年度医学部編入試験に向けて

医学部へのアプローチとして、もっとも一般的な手段は、もちろん高校生、または浪人生から入学を目指す一般入試。また、第二に、いったん他の大学に入った後、退学するか、もしくは卒業してから医学部を再受験するという手段が良く知られていました。 しかし、2000年以降、医学部において、編入試験を実施する大学が増えたことで、医学部の2年次、または3年次に編入するという手段もまた、選択肢の一つとして注目されてきて […]

2021年度久留米大学医学部推薦の出願状況

久留米大学医学部推薦出願人数と倍率 11月10日久留米大学の、学校推薦型選抜、地域枠推薦型選抜、福岡県特別推薦型選抜の出願が締め切られました。 それぞれの出願状況と2020年度、2019年度との比較です。 学校推薦型選抜 2021年度 定員約10名 出願者138名 倍率13.8 2020年度 定員約10名 出願者134名 受験者134名 倍率13.4 2019年度 定員約10名 出願者104名 受 […]

2021年度医学部冬期講習・直前対策~PMD10周年キャンペーン

2021年度医学部合格のために~冬期講習・直前対策 おかげさまでアクトグループは10周年♪ 医学部合格を実現するために「PMD冬期講習・直前対策」の申し込みを開始しました! 推薦で合格した方はCES医師国試予備校のリメディアルコースで万全のスタートを! 今だけ入会金無料です♪   2020冬期講習ランディングページ    

医学部医学科小論文について~「医療におけるAIの役割について」をどう書くか

近年、様々な分野においてAI(人工知能)が積極的に活用されるようになってきました。それは、医療の現場においても例外ではありません。 人間の命を扱う医療の現場で、AIをどのように活用していけばよいのか。未知数の分野ではありますが、だからこそ、医学部医学科受験において、受験生がどのように考えているのかを問われる機会が増えていくと考えられます。 では、「医療におけるAIの役割について」、どのように論じる […]

1 31

人気の記事

カテゴリ