2018年度(平成30年度)センター試験の出願が開始されました。

2018年度(平成30年度)センター試験の出願が本日より開始されました。早めに出願を済ませて、出願忘れがないようにしましょう。

センター試験日:平成30年1月13日(土)、14日(日)

教科

出題科目

出題方法等

科目選択の方法等

試験時間
(配点)

国語

『国語』 「国語総合」の内容を出題範囲とし,近代以降の文章,古典(古文,漢文)を出題する。 80 分
(200 点)

地理歴史

公民

「世界史A」
「世界史B」
「日本史A」
「日本史B」
「地理A」
「地理B」「現代社会」
「倫理」
「政治・経済」
『倫理,政治・経済』
『倫理,政治・経済』は,「倫理」と「政治・経済」を総合した出題範囲とする。 左記出題科目の10 目のうちから最大2科目を選択し,解答する。
ただし,同一名称を含む科目の組合せで2科目を選択することはできない。
なお,受験する科目数は出願時に申し出ること。
1 科目選択
60 分
(100 点)2 科目選択
130 分(うち解答時間120 分)
(200 点)

数学(1)

「数学Ⅰ」
『数学Ⅰ・数学A』
『数学Ⅰ・数学A』は,「数学Ⅰ」と「数学A」を総合した出題範囲とする。
ただし,次に記す「数学A」の3 項目の内容のうち,2 項目以上を学習した者に対応した出題とし,問題を選択解答させる。
【場合の数と確率,整数の性質,図形の性質】
左記出題科目の2 科目のうちから1科目を選択し,解答する。 60 分
(100 点)

数学(2)

「数学Ⅱ」
『数学Ⅱ・数学B』
『簿記・会計』
『情報関係基礎』
『数学Ⅱ・数学B』は,「数学Ⅱ」と「数学B」を総合した出題範囲とする。
ただし,次に記す「数学B」の3 項目の内容のうち,2項目以上を学習した者に対応した出題とし,問題を選択解答させる。
【数列,ベクトル,確率分布と統計的な推測】『簿記・会計』は,「簿記」及び「財務会計Ⅰ」を総合した出題範囲とし,「財務会計Ⅰ」については,株式会社の会計の基礎的事項を含め,「財務会計の基礎」を出題範囲とする。『情報関係基礎』は,専門教育を主とする農業,工業,商業,水産,家庭,看護,情報及び福祉の8教科に設定されている情報に関する基礎的科目を出題範囲とする。
左記出題科目の4 科目のうちから
1科目を選択し,解答する。
ただし,科目選択に当たり,『簿記・会計』及び『情報関係基礎』の問題冊子の配付を希望する場合は,出願時に申し出ること。
60 分
(100 点)

理科(1)

「物理基礎」
「化学基礎」
「生物基礎」
「地学基礎」
左記出題科目の8 科目のうちから下記のいずれかの選択方法により科目を選択し,解答する。A 理科①から2 科目
B 理科②から1 科目
C 理科①から2 科目及
び理科②から1 科目
D 理科②から2 科目なお,受験する科目の選択方法は
出願時に申し出ること。
【理 科 ①】
2 科目選択
60 分
(100 点)

理科(2)

「物理」
「化学」
「生物」
「地学」
「物理」,「化学」,「生物」,「地学」には,一部に選択問題を配置する。 【理 科 ②】
1 科目選択
60 分
(100 点)2 科目選択
130 分(うち解答時間120 分)
(200 点)

外国語

『英語』
『ドイツ語』
『フランス語』
『中国語』
『韓国語』
『英語』は,「コミュニケーション英語Ⅰ」に加えて「コミュニケーション英語Ⅱ」及び「英語表現Ⅰ」を出題範囲とする。 左記出題科目の5科目のうちから1 科目を選択し,解答する。
ただし,科目選択に当たり,『ドイツ語』,『フランス語』,『中国語』及び『韓国語』の問題冊子の配付を希望する場合は,出願時に申し出ること。
【筆 記】
80 分
(200 点)
【リスニング】
(『英語』のみ)
60 分(うち解答時間30 分)
(50 点)
【備考】
  1. 『 』内記載のものは,2 つの科目を総合したもの又は2 つ以上の科目に共通する内容を盛り込んだ出題科目とする。
  2. 「平成30 年度大学入学者選抜に係る大学入試センター試験実施大綱」の別紙様式の「記入上の注意5」にいう『国語』の特定の分野は,「出題方法等」欄中の「近代以降の文章(2 問 100 点),古典(古文(1 問50 点),漢文(1 問50 点))」とする。
  3. 地理歴史及び公民の「科目選択の方法等」欄中の「同一名称を含む科目の組合せ」とは,「世界史A」と「世界史B」,「日本史A」と「日本史B」,「地理A」と「地理B」,「倫理」と『倫理,政治・経済』及び「政治・経済」と『倫理,政治・経済』の組合せをいう。
  4. 地理歴史及び公民並びに理科(2)の試験時間において2科目を選択する場合は,解答順に第1 解答科目及び第2解答科目に区分し各60分間で解答を行うが,第1 解答科目及び第2 解答科目の間に答案回収等を行うために必要な時間を加えた時間を試験時間とする。
  5. 理科(1)については,1 科目のみの受験は認めない。
  6. 外国語において『英語』を選択する受験者は,原則として,筆記とリスニングの双方を解答する。
  7. リスニングは,音声問題を用い30分間で解答を行うが,解答開始前に受験者に配付したICプレーヤーの作動確認・音量調節を受験者本人が行うために必要な時間を加えた時間を試験時間とする。

 

※独立行政法人大学入試センター様より抜粋

8/17に「PMD医学部予備校、福岡校」の“バーベキュー大会”が開催されました!

場所は【CBB(福岡のビーチでカリフォルニアBBQ)

最初は天気が不安でしたが、何とか晴れ間もでて無事に開催できました!

勉強の息抜きになってくれたようで、生徒の皆も大はしゃぎ!喜んでくれたようでした!

また、先生の誕生日も重なりお祝いもしました!

さぁ後半戦のスタートです。気持ちを切り替えて、今度は“合格”という形でお祝いしましょう!!

卒業生来校!

本日は、今年3月に卒業した生徒がお土産を持って挨拶に来てくれました。楽しい大学生活を送っているそうです。

こうやって、卒業しても会いに来てくれる生徒に感謝!!

「勉強」に「遊び」と、大学生活を思いっきり楽しんでくださいね!

福岡県代表が甲子園へ出発!

甲子園へ行く福岡県の代表が【東筑高校野球部】が「甲子園」へ出発しました。
私の母校も野球が強く高校時代は「甲子園」へ応援に行かせて頂きました。

 

プレーをする球児はもちろん、応援する皆様の思いが一つになって勝ち上がっていけるものだと思います。
一発勝負のトーナメント!今まで努力をしてきた思いを存分にぶつけてください。

 

こういった“一発勝負”な所は【入試】と似ていると思います。受験生の皆さんも残り半年を無駄にせず、入試の時に“私はここまでやってきた”と旨を張って言えるよう頑張って下さい。
そういった気持ちが入試本番の“自信”に繋がってくるかと思います。

 

センター試験まであと【167日】

PMD医学部専門予備校<福岡校>のお盆期間中の開校時間ご案内

PMD医学部専門予備校_福岡校はお盆期間中も開校致しております。
お盆期間中の開校時間は下記の通りとなっております。

期間中は開校時間が通常と異なりますので、
自習室等をご利用の際はご確認下さいますようお願い致します。

また、★印の日はビルの休館日となっております。
ご来校の際は、恐れ入りますがビル1階駐車場入り口より、
092-406-7088までお電話ください。
職員が開錠に下りて参ります。

【お盆期間中の開校時間】
★8月11日(金祝) 10:00~18:00
8月12日(土)  10:00~18:00
★8月13日(日)  10:00~18:00
★8月14日(月)  10:00~18:00
★8月15日(火)  10:00~18:00
8月16日(水)  8:30~20:00

結婚祝いをプレゼントしました。

普段お世話になっている『新田猪三彦先生』のご結婚祝いをPMD予備校からお送りさせて頂きました。

鍋(ル・クルーゼ)

 

奥様がお料理好きとの事でとても喜んで頂きました。喜んでいらっしゃる顔を見れて、スタッフ一同大変嬉しかったです。

これからも宜しくお願いします。

川崎医科・福岡大学・久留米大学推薦入試対策講座(他の医・歯・薬学部も対応)のご案内

推薦入試の競争率は一般入試に比べて低いと言えますが、難関であることには変わりません。
合格を確実なものにするためには各大学の傾向を分析し対策をとる必要があります。
PMDは医歯薬学部受験のノウハウを基にベテラン講師が生徒の納得のいくまで指導いたします。

「2017年度推薦対策講座」の受付を、本日6月1日より開始します。

 

PMD推薦対策講座

【内容】

6コマの授業(数学・英語・小論文から好きな組合せで6コマ分お選び頂けます)+面接2回

└(例1)数学2コマ+英語3コマ+小論文1コマ 、(例2)数学3コマ+英語3コマ、(例3)数学6コマ等​

福大・久留米大のプレテスト

日本心理学会認定心理士・教育カウンセラーである新田猪三彦先生の「個別の受験セミナー

 

【期間】

第一弾(7月22日(土)〜8月31日(木))

第二弾(9月1日(金)〜試験開始まで)

 

【時間】1コマ90分 ※福岡校「高卒生」のみ100分

【参加費】45.000円(税抜)

【場所】PMD予備校(各校) または 生徒自宅

 

◎推薦入試対策講座お問合せ先:ご質問フォーム / TEL:092-406-7088

夏期講習の意義

4月からゼミやマンツーマン授業、家庭教師などを経て、自分の得意、不得意が分かってくる時期かと思います。基本的にはゼミやマンツーマンは年間でスケジュールが決まっているので、中々不得意分野だけを徹底的に勉強するというのが出来にくい状況だと思います。

そこで活用頂きたいのが「夏期講習」や「冬期講習」等の特別授業です。受験生の皆さんもわからないことはそのままにせず、「はてな」をとことんなくしましょう。
試験に解けない問題が出たとき「やっぱりわからなかった」ではなく、「解けるようになってよかった」にしましょうね。

PMDの夏期講習で、前期(4~7月)で生じた疑問を解決しませんか?
今のうちに苦手科目を克服すると、秋からの受験勉強がスムーズになりますよ。

 

PMDの夏期講習は【1対1】のマンツーマン!この機会に是非!

PMD夏期講習

201701spring