出願準備は早めに余裕を持って、記入時は楽しく。

NO IMAGE

12月になると出願受付期間に入ります。
今日は出願の注意点を。

1、出願期間を守る。準備は早めに。
うっかり出願期間を過ぎてしまった場合、酌量の余地があればいいのですが、
受験生全員の公平を期すためにはそんなわけにいきません。
今月中には受験の可能性がある大学の願書を取り寄せ、
写真・健康診断書など必要なものは用意しましょう。

2、記入間違いや記入漏れを防ぐ。余裕を持って。
願書の記入は時間がかかるため、
予め「この日のこの時間は願書に時間を充てる」と計画を立てます。
記入間違いや記入漏れを防ぐため、落ち着いた状態で注意事項をしっかり読みましょう。
「試験科目の記入ミスがあり受験できなかった」という話も聞きました。
書き終えたら自分で見直し、その後先生や教務担当の方にも確認してもらいましょう。

3、どんな日々を過ごしたいか向き合う時間にする。
これまで脅すようなことを書きましたが、
出願記入時は少し先の日々を想像し向き合える瞬間でもあります。
「大学に入学したら…」と明るい未来を考え、貴重な時間を楽しく使いましょう。

以上が注意点です。
これで皆さんの受験の負担が少しでも軽くなりますように。
急に寒くなりました。今まで以上に体調管理に気を付けてくださいね。